GoPro HERO4を買いました。

駐車場の、歩道から離れた人目につきにくいところにバイクを置いとくと、よくつば吐かれます。

10分目を離した隙に吐かれ、拭いた10分後にまた吐かれていたので


1_20150622042603aeb.jpg


キレてGoPro買いました。


しかし、未だにカメラを使っていません。だって面倒くさいんだもん

2_201506220426034ef.jpg


3_201506220426013a1.jpg


ふただけを取り替えるタイプみたい。

ふたは全開まであけると取り外せるようになっている。


土台セットについている白い部品は、カメラの根元のところにつける、間違えて外さないようにするための器具らしい。




さてここで・・・

GoPro HERO4のPCからのストリーム再生について説明します。


HERO3まではなんかファイルを開けばいいだけみたいだったけれど、HERO4だとそもそも・・・・・

ファイルがありません


探したけどなかったです。


やり方調べたので載せときます。


必要なもの

・ffmpeg(ストリーム再生に必要)
・python(スクリプトを読むのに必要)
・スクリプトのような何か


まずffmpegをダウンロード。
リンク先はwindows用なので、macの人はmac用のやつがあるので探してください。
32bitと64bitがあるので、自分のpcにあったやつを。 staticってやつでいいです。
7zファイルなので、7zを解凍できるソフトも用意しておくこと。

次にpythonをダウンロード、インストール。

あと、変なスクリプトっぽい何かを保存。
保存形式は .pyにしておくこと。



さて、まずGoProを起動して、カメラ横の設定ボタンを5秒長押しか、設定メニューでwifi on→GoPro appで、wifiをオンにする。

PCでGoProのwifiを選択。パスワードは初期設定で「GoPro」?スマホのGoPro appでwifi名とパスワードは変更できるはず。


http://10.5.5.9:8080 が、GoProのアドレスです。

アクセスできれば、pcからgoproを操作できます。

コマンドはこちら



さて、一通り終わったらまずは、解凍したffmpegのフォルダにある「ff-prompt」をクリック。

コマンド打つような画面が出てくるので、そこで「ffplay udp://10.5.5.9:8554」と入力。

そのあとに、ブラウザで「http://10.5.5.9:8080/gp/gpControl/execute?p1=gpStream&c1=restart」を入力してアクセス。
1行だけstates 0みたいなのが出てくるから、そしたらff-promptに戻ってしばらく待つと、小窓が出てきてストリーム再生がはじまる。

再生がはじまれば成功。

ただ、このままだとタイムラグがありすぎて不便。


そこでさっきのスクリプトっぽいよくわからん何かを使う。

.pyで保存したスクリプトをクリックする。pythonで開くようになっていると思うから、開くとウィンドウが出てくる。

そうするとなぜかわからないけど、タイムラグがだいぶなくなる。



というストリーミング再生のことを調べたので参考にどうぞ。


おわり




スポンサーサイト

コメント

No title

ひろえきs、バイクから目離すとつばはかれるんだ・・・;不謹慎な人もいるもんだね;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL