献血物語第83話

献血してきました。

先週はヘモグロビンが足りなくて失敗しました。


今日は12.3でした。


粗品は前回と同じナノックスと、ポイントがたまって食器用洗剤。

--------------------------------------------------------------------------

さて、ここで献血について話しておこう。

献血にはいくつか種類あるのはご存知だろうか。

・成分献血
 -血小板献血
 -血漿献血

・全血献血
 -200ml献血
 -400ml献血


よく勘違いされるのは、「献血したら2~3ヵ月できないでしょ?」ということ。

実はそれは全血献血だけで、成分献血は2週間でまた献血ができる。

身体への負担も少ない(赤血球を体内に戻す為)ので、体重制限や必要ヘモグロビン基準が全血献血よりゆるい。



全血献血(400ml)・・・男女50キロ以上、ヘモグロビンは男13.0g/dl以上  女12.5g/dl以上

成分献血・・・男45キロ以上、女40キロ以上、ヘモグロビンは男女12.0g/dl以上


2012-0420-161347127_20150527165849145.jpg

こんな機械で成分献血をします。

左上の透明な液体は抗凝固剤です。クエン酸です。

血液を固まらせるカルシウムを捉えるために使います。くちびるがしびれたりするのはクエン酸によるカルシウム不足が原因です。
2012-0420-161349820_201505271658509fc.jpg

下にある黄色い尿のような液体は、赤血球を取り除いた血液です。決してひろえきの血液が黄色いわけではありません。


2012-0420-161355269_20150527165851852.jpg

真ん中には遠心分離機のタンクがあります。ドラム式洗濯機のようにふたが開き、プラスチックのタンクが出てきます。


使い捨てです。使い終わると血まみれです。


3_201504160035407a6.jpg

最近は多くの成分をとれるこの機械を使うようにしているようです。



おわり





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL