グリップヒーター取り付け

グリップヒーターを取り付けたのはそもそも12月末だったんだが、面倒くさくて書いてなかった。


1_20140320162810f97.jpg

キジマの汎用品グリップヒーター(120mm)なんだが、本当は125mmが一番いいんだが、ない。

かといってホンダのスポーツグリップヒーターは高い。


ちょっと捨てるような覚悟でこれにした。



2_201403201628113eb.jpg


ゴチャァアアアアアアア





3_20140320162813a1f.jpg




アースはボディーアースせずにマイナスバッテリーにつなぐので、



4_20140320162809de5.jpg




長い線をつなげる。





6_20140320163213d1c.jpg


これをここから横を通してつなげる。





7_20140320163214ded.jpg



バーエンドを外したらパーツクリーナーでシュッシュッ♪



ちなみにバーエンドはネジロック剤がべったりついているので固くて外れません。



バイク屋さんで外してもらいましょう。


なお、ひろえきの安物ラチェットレンチが破壊されたもよう。





8_20140320163215247.jpg



外したら接着剤をガリガリはがして、耐水ペーパーでゴシゴシします。


あとは接着剤をグリップヒーター内側に塗ってグリップを通すだけ。






9_20140320163216ba3.jpg



スイッチはこの辺。



なお・・・・・・




10_20140320163218e62.jpg


左グリップは内径がぴったりすぎる為、接着剤つけなくてもグリップが途中で止まります。



これは後日、ゴムハンマーでトントンしました。








それから2か月後・・・・・


この間、右グリップの接着がよくない(グリップヒーターとスロットルパイプに隙間がある)ので、

1回外して隙間を埋めるための付属部品をペタペタと取り付けて、アロンアルファで止めたところ・・・・・


グリップが途中で止まりました。




よい子のみんな~、グリップヒーターをアロンアルファべったりにしちゃダメだよ☆




その為、ヤフオクで送料込み1050円で落札した中古のスロットルパイプと取り替えることに。



11_201403201649231ff.jpg


もうスイッチボックス分解してある。


12_20140320164925953.jpg


スロットルについてるこの2本のワイヤーをとると外れる。


スイッチボックスの近くについてるWORNING!とか書かれたよくわからない箱のネジを緩めないとうまく外れない。



13_20140320164920068.jpg



交換。これで左グリップだけあったかいよ!




・・・と思ったら、失敗したグリップヒーターをゴムハンマーでトントンしたら直った。



そんな・・・・・・外して除光液に浸してもとれなかったのに・・・・・・



ということでもう1回分解して取り付け。



14_20140320164921e0f.jpg
15_2014032016492205d.jpg


やっぱり120mmは隙間ができちゃってダメね。



ちなみにスイッチボックスのところの傷は、



この間間違えてスイッチボックスの裏についている2本のネジ(長いのと短いの)を、

短いやつをつけるところに長いやつをつけてしまって、



「う、うまく回らん・・・・・!!!!!!!!」



とやっていたらこうなりました。



やっぱり巻くタイプのほうが簡単に取り付けも取り外しもできて便利かも・・・・・・




おわり
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL